サイドバーのタグから気になる記事を検索できます

親子の家庭菜園が子供に与える7つのメリット

育児

新型コロナの外出自粛で、おうち時間が長くなっている中で

家庭菜園やベランダ菜園が流行しているそうです。

 

特にお子さんのいるご家庭では

お天気のいい日は一緒に外に出てなにかできたら嬉しいですよね。

 

子供と一緒に家庭菜園やガーデニングをすることで

子供にとってなにかメリットはあるのかを調べてみたら、親子にとってメリットだらけでした!

 

 

スポンサーリンク

家庭菜園が子供に与えるメリット7つ

 

子供が家庭菜園をするということは、親と一緒に土に触れる経験をするということです。

この「土に触れる」「土遊び」が、子供の発育にとてもいい影響を与えます。

 

7つのメリットがこちら

● 親子が一緒に体験することで共感がうまれる

● 健康的な体作りができる

● 土に触れることでストレス解消になる

● 野菜嫌いを克服できる

● 食育になる

● 想像力や集中力が身につく

● 命をはぐくむことを学び心の優しい子供に

 

ひとつずつ解説していきます。

子供だけでなく土いじりは大人にも良い効果をもたらすので注目です!

 

 

親子が一緒に体験することで共感がうまれる

 

子供と家庭菜園をするときに大切なのが「共感すること

 

土の感触が冷たいのか、温かいのか、どろどろなのか、ぱさぱさなのか?

葉っぱの色は緑に見える?青に見える?

野菜や草花にどんなふうに育ってほしい?

 

土いじりをしながら、こんな会話をたくさん楽しむことで

子供と親の間に共感がうまれ、子供との良いコミュニケーションになります。

 

親と共感体験をしたり、良質なコミュニケーションをとることで

人に共感できるようになる、思いやりをもてるようになるなど

子供の人格形成に良い効果をもたらします。

 

 



免疫がついて健康的な体づくりができる

 

土の中にはさまざまな細菌がいますが、中でも土壌菌は体に必要な菌なのです。

土遊びによってこれらが自然に体内に取り込まれることで、強いからだが作られていきます。

 

農家で育ち、土や清潔すぎない環境から細菌を取り込んで育った子供は

アレルギーやぜんそくになりにくいという研究結果もあります。

 

除菌や抗菌が当たり前で清潔が求められる時代ですが、菌に触れない生活は逆に子供の健康的な発達を妨げる原因になることがあります。

体にとって大事な菌を取り込む機会だと思って、土いじりを楽しみましょう。

 

 

土に触れることでストレス解消になる

 

これは子供の発育だけに限らず大人にも同じ効果があります。

 

土を触ってホッとした経験はありませんか?

これも土の中の細菌がもたらす効果なのです。

 

このほど学術誌「Psychopharmacology」で発表された論文によると、土壌に生息する腐生性細菌マイコバクテリウム・ヴァッカエ(Mycobacterium vaccae)には、抗炎症、免疫調節、およびストレス耐性の性質があることがわかった。

出典:WIRED

 

この細菌を研究して、抗ストレスワクチンの開発がすすめられています。

科学的に、土に触れることのストレス解消効果が実証されているのです。

 

子供と一緒に土いじりをすることで、お互い穏やかな気持ちになれそうですね。

 

 

野菜嫌いを克服できる

 

野菜があまり好きではなくても、種や苗から自分で育てた野菜には愛着がわき

食べてみたいという気持ちになる子供が多いようです。

 

気持ちの面でも、大事に育てたものを「まずい!」と声を大にはできないでしょう。

 

自分で育てた野菜は、いつでも獲れたて!

新鮮でみずみずしくておいしいです。

 

これを機に野菜嫌いを克服しましょう!

 

 

食育になる

 

野菜を育てることで、野菜の旬や成長過程、おいしい食べ方などさまざまな知識が身につきます。

 

「食育」とは、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むことです。

出典:政府広報オンライン

 

一緒に家庭菜園をすることも立派な食育です。

食べることの大切さを教えることは、子供の心身の健やかな成長につながります

 

 

想像・創造力や集中力が身につく

 

土を触ることは感覚遊びになります。

土の感触、におい、色など、五感が刺激され感性が育つんですね。

 

家庭菜園は、自分の感覚だけですすめる遊びではなく

きちんとした手順にしたがってひとつの作品を完成させる作業です。

 

相手は生き物ですし、途中で投げ出すことは命を捨てることになります。

そんなことも教えながら

 

①手順を理解する

②手順通りに作業を遂行する

③完成までしっかりと作業を続ける

 

という流れを経て、想像力・創造力、集中力が身についていきます

 

幼少期に身につけたこういった力はきっと将来役に立つと思います。

 

 

命をはぐくむことを学び心の優しい子供に

 

家庭菜園では命の大切さ、命をいただくことを学べます

命の尊さを知るためにペットを飼うのと似ていますね。

 

何もなかった土壌に毎日水をやると小さな芽が顔をだすこと

ただの葉っぱだった苗に花が咲き実がなること

元気に育ったその命をおいしくいただくこと

 

食育の話と通じるところがありますが

これらを学ぶことで、命をいつくしむ心が子供にうまれることが期待できます

 

命の大切さを普段の生活で教え込むのは

きっかけがなかったりして、なかなか難しいところもあるのではないでしょうか。

家庭菜園を楽しむことで自然とこれを学ぶことができれば一石二鳥ですね。

 

命を大切にできる子供は

きっと自分だけでなく、お友達にも優しくできるのだとと思います。

 

 

子供との家庭菜園でおすすめの野菜!

 

一緒に家庭菜園をすることは、子供の心身の発育とても良いことがわかりました。

子供にとっても忘れられない良い体験になりそうです。

 

子供や家庭菜園初心者の方が育てやすいおすすめの野菜はミニトマト

 

たくさんの実をつけるため収穫がとっても楽しいですし

品種もとても多いので、気になるトマトを家族で選んで育ててみるのもいいですね。

自分で収穫のタイミングを図れるので、完熟のトマトを食べられるのも嬉しいです。

 

はじめての時は苗から育てると失敗が少なく

収穫までの時間も短いのでおすすめです。

 

根を張るので深めのプランターと支柱を用意しましょう。

苗・土・支柱がセットになったミニトマト栽培キットもあります。


送料無料 ミニトマト栽培セット 苗と土と支柱の3点セット

 

大々的な土いじりはできませんが、お手軽に始めたい場合は

こんなにかわいいトマトの簡単栽培キットも。

 


栽培セットハートマト ハート型のミニトマト栽培セット

ハートのトマト…育ててみたいです!

 

ぜひお子さんと楽しい家庭菜園ライフを始めてみてください。

私も息子が大きくなったら、ベランダで一緒に家庭菜園をする予定です♪


タイトルとURLをコピーしました